INTERVIEW

社員インタビュー

顧客分析の経験はきっと未来の糧になる。
お客さま第一の化粧品づくりができる自分を想像しながら、
目の前の仕事に夢中になっています。
Eコマース
RYOTARO MATSUZAKI
2020年新卒入社

農学系の大学院を卒業後、新卒で新日本製薬に入社。
入社後、約半年の新卒新入社員研修を受け、Eコマースに配属。
現在は、メールマガジンの配信やデータ分析に携わっている。

01

目標に向かって計画を立てる。
その過程を「楽しみ、最高の達成感」を得る。

高校生までの私は、あまり自分から行動しないタイプでした。ですが、時間に余裕がある大学では「積極的に学生生活を楽しもう!」と思っていました。大学2年のころ、友人たちに何か大きなことを成し遂げたいと相談すると、登山好きの友人の提案で富士山に登ることになったんです。登山の経験は全くなかったので、装備を揃えて近くの山を登ったり、夜間や雨の日に登ったりとアクシデントの想定も含めて計画的に練習を重ねた結果、無事全員で登頂することができました。

また、大学3年生のときには、一度はチャレンジしてみたかったフルマラソンに挑戦することにしました。まずは1週間で20km走ると決め、3ヵ月間必死に自主練習を続けました。その結果練習の成果が実り、出場した大会では4時間半で無事に完走することができました。

卒業前には、趣味のサッカー観戦を本場のイギリスへ見にいきました。観戦チケットはなかなか手に入らないため、現地の人のブログを直接確認したり、ファンが集まる場所に連絡したりと情報収集の末やっと手にいれることができました。

富士山の登頂も、フルマラソン完走も、海外でのサッカー観戦も、何事も目標を立て準備を怠らず努力を続けることで、達成感や、喜びを感じることができました。これらは学生時代のかけがえのない思い出となり、人生においての財産となりました。

02

学生時代の研究で培った知識を活かし、自身の生活にもつながる仕事がしたいと思っていた。

大学・大学院では生化学を専攻していて、そのつながりから、食品や化粧品業界での仕事に関心を持ちました。食品については、一人暮らしをする中で料理に興味を持ち、研究職なら自ら商品開発に携われる楽しさを感じることができると考えました。化粧品については、敏感肌だった自分がスキンケア商品を使ってみると肌が綺麗になる嬉しさを知っていたので志望していました。

また、生まれも育ちも福岡だったので、新天地で見識を広げたいと考え、友人たちと東京でシェアハウスをしながら就職活動をしていました。

03

企業の成長と共に、自分も成長している姿が想像できた。

食品・化粧品業界での就職活動で気づいたのですが、新日本製薬ほど地方の学生の採用に目を向けている会社は他にありませんでした。採用担当者が大学に足繁く通っていたので、すごく親身になってくれそうな印象を受けていました。また福岡だけでなく、東京にも拠点があるのでどちらで働くこともできます。
当時は総合職採用の募集で、研究職をやりたい思いもあったのですが、新しいことに挑戦できる環境に惹かれ、また総合職だからこそ得られる経験もあると思いました。面接を受けたときに、近々上場するという話を聞いていたので内定の話があったとき「ここに入社すれば会社が成長する楽しさを体感できる!」と考え入社を決意しました。

04

Eコマースは未知の領域だったが、今後の成長には欠かせない要素。

研修後、配属されたのはEコマースでした。配属された当初は知識がほとんどなかったので戸惑いと不安がありました。ですが、これからの時代Eコマースが伸びると思っていましたし、何より新しい知識が増える魅力を感じてワクワクしていました

主な仕事内容としては、当社の商品を使っていただいているお客さまの顧客分析です。お客さまと一概に言っても、購入していただいている商品や、購入回数などはさまざまです。情報を集約し、分析することはターゲットを定めた施策を打つためには重要な指標になります

05

ここで得た経験は、きっと自分の夢にも
つながっていく。

Eコマースに配属されてまだ4カ月ほどですが、最近やっと自分自身で顧客分析ができるようになってきました。現在は以前商品をご購入いただいたお客さま向けに、再度お買い物を楽しんでいただくための施策を考えています。Webマーケティングの知識やデータ分析は、Eコマースの枠に囚われずあらゆる分野で役に立つ知識です。データ分析を行うことで分かる顧客セグメントに楽しさを感じています

また、最近はメールマガジンの配信も担当しています。新商品が出るたびにその商品情報を発信するメルマガを作成しており、商品の魅力をダイレクトに届けるためにはどのような文面でどう魅せるかという工夫を凝らすようにしています。こちらもデータ分析に基づいて施策を打てるようになりたいですね。

「今やっている仕事はきっとこれから経験する新しい仕事にもつながっていくし、役に立つ」と考えるようになってからは、よりやりがいを持って楽しく仕事ができるようになりました。

06

Eコマース事業の売上向上と、
データ分析力を活かした化粧品の企画・開発に携わる。

チャレンジしたいことは大きく2つあります。
1つはEコマース事業において、売上を伸ばすために自分で0から企画した施策を打ち出して会社の売上に貢献することです。社内でもEコマースは強化部門として取り上げられていることもあり、成果を残したいです。
もう1つは、将来男性化粧品の開発やブランドを立ち上げるチャンスが巡ってきたら軸となるポジションで関わりたいです。
化粧品開発においては、今やっているEコマースでのデータ分析がきっと役に立つと思っています。
女性は実物を試してから購入する方が多いですが、男性はオンラインで買う方が多いという印象があります。今学んでいるターゲット分析や市場調査を積み重ねながら商品企画・開発に携わっていきたいです

先輩社員から見た松崎さん

積極的に学ぶ姿勢がチームを活性化させてくれていて、
とても貴重な存在です!

常に真面目で、積極的に学ぶ姿勢が同じチームのメンバーを活性化させてくれていて、とても貴重な存在です!Eコマースに配属されてまだ間もないですし、分からないこともたくさんあると思いますが、今の姿勢を忘れることなく、主体的に業務に取り組んでいって欲しいです。チームの一員として、これからも一緒に頑張っていきましょう。

1週間の仕事の流れ

タスク確認

週に行うタスクをスケジュールに書き出して抜け漏れがないかを確認。その場で業務が与えられても対応できるように重要度・緊急度も考慮してスケジュールを。

Web会議参加

上司・先輩のサポートとして社外取引先企業との打ち合わせに参加。Webマーケティング・広告分野は横文字が多く分からないことが多いため勉強の日々。

企画書作成、提案

ECサイト内に出てくるポップアップの施策について企画書作成。過去の集計データを元に情報収集。提案の際は数字も用いてロジカルに説明。

メルマガ作成

以前当社の商品をご愛用いただいていたお客さまに、再度お買い物を楽しんでいただけるような企画を行うことが自分の担当。分析ツールを活用し試行錯誤しながら配信。

改版の作業

チラシやDMをつくり直す際は、外部制作会社の担当者と電話でやりとりしながらブラッシュアップ。中でも、薬事法のチェックが大変…!細心の注意を払いながら制作。

一日家でリフレッシュ

平日の疲れをとるために、撮り溜めた番組をみたり、漫画を読んだりリフレッシュ。

スタジアムでサッカー観戦

Jリーグを見るのが好き。特にアビスパ福岡!勝ったら月曜日からまた頑張れる!

MESSAGE

就活の初めに自己分析をしっかりすることがとても大切だと思います。自己分析をしっかりすることで将来自分のなりたい姿を明確にすることができるからです。どんな業界・企業・仕事であってもなりたい姿をしっかりと持つことでモチベーションを落とさず、仕事に取り組むことができると思います。頑張ってください!

※2020年12月1日時点

その他の社員紹介はこちら