INTERVIEW

社員インタビュー

企業価値向上に寄与することの
楽しさを伝えていける
第一人者になることをめざして。
事業企画 / 課長
YUTA NAMAZUGOSHI
2016年中途入社

前職では新卒でメガバンクに入行。東京での法人営業や本部での店舗改革プロジェクト等を担当した後、2016年に当社へ転職。経営企画のメンバーとして入社後、通販事業におけるコスト構造改革では大幅な利益インパクトを残しMVP受賞を果たす。現在は事業企画の課長として事業の課題解決やさらなる収益向上をめざしている。

1st
入社1年目 一般社員

異業種で働いていた経験と意欲と
ポテンシャルを評価してもらった。

前職では新卒でメガバンクに入行し、東京で法人営業を担当していました。当時の私の役割は、融資や資金決済などの金融サービスを通じて、クライアントの事業運営をサポートすること。あくまでも間接的な事業貢献であって、自分自身が事業の当事者になりきれていないもどかしさを感じることもありました。

  心のどこかでBtoCのビジネスをしている事業会社で腕試しをしてみたいと考えていた矢先にであったのが新日本製薬でした。元々九州で育ったこともあり、いずれはUターンを考えていたことに加え、何よりこの会社は当時IPOをめざしており、売上・利益も成長中だったので、勢いがある会社に思えました。

  異業種からの転職だったので、これまでの経験が武器になるかは分かりませんでした。しかし、成長著しいこの会社で成果を残し、ゆくゆくは自分自身の判断でチャレンジができる仕事をしたいという熱量を面接時に買ってもらえたような気がしています。

入社当初はどのような仕事を担当していましたか?

経営企画に配属となり、通販事業戦略の立案、予算管理を主に担当しました。具体的には、通販事業のプロモーションを見直し、さらに拡大できる余地がないかを洗い出しながら経営陣に上申することで適切な追加投資につなげていきました。ここでは紙面や数値上の管理だけではなく、実際にさまざまな部署に介入し担当者と意見を交わすことを大切にしていました。その理由は、現場目線で物事を捉えることで、曖昧で抽象的な課題を定量的に可視化し策を講じることができ、何より机上の空論で終わらせたくない思いがあったからです。その結果、部署同士の横のつながりが活性化し、規模の大きいプロモーション施策やコスト改善を推進することができました。今思えば、部署横断プロジェクトの先駆けのような働きかけとなっていたように思います。

入社当初はどのような想いで働いていましたか?

未知の業界の会社に飛び込んだことで、マーケティングや化粧品関係の専門用語も最初はまったく理解できず、関連部署との意思疎通がうまくいかないこともありました。しかし、次第に専門知識を習得したり、主張が異なる場面での合意形成力を身につけてからは、仕事を着実に進められるようになり、自信へとつながっていきました

前職と比べ、どのようなところで新日本製薬らしさを感じましたか?

大きく3つあります。
まず1つ目は、仕事がテンポよく進んでいくことです。腰を据えてじっくり進めるというよりも、PDCAをスピーディーに回しながらスケールを大きくしていく仕事が多いです。経営層との距離が近く、すぐに打合せができるのも魅力です。そのため決裁までのスピードが早く、仕事をどんどん進めることができます。 2つ目に、年功序列はなく、昇進は自分次第であることです。人事制度改革によって社員を公平に評価しつつ、果敢にチャレンジする社員にチャンスを与える仕組みになっています。私は31歳で課長のポジションに就いていますし、年齢や経験に関係なく意欲と努力と実績で評価してもらえます。全ては自分次第です。 3つ目は、組織としてまだ伸びしろがあるということです。IPOを機にさまざまな環境整備を行い、売上・利益も伸びていますが、改善点はいくらでもあると思っています。今後、より一層社員から積極的な事業提案がなされる環境になることで成長し続ける可能性は大いにあると感じています。

2nd
入社5年目 課長昇進

業務範囲や権限、役割と責任の違い。

入社後1年半で経営企画の課長補佐に昇進し、入社5年目に至る現在は事業企画の課長を務めています。課長昇進の背景には、一般社員から課長補佐になったことで、個人ではなくチームとして案件を進められるので、短時間で複数の仕事を進められるようになりました。その中には通販事業におけるコスト構造改革プロジェクトという、会社として大きな利益インパクトを残せる仕事も。複数の部署と連携し、メンバーと尽力した結果、MVPを受賞することができました。翌年度から課長に昇進したことで、管理職研修などに呼ばれるなど、他の役職者と会社のことについて議論する機会が増えたので責任感を自覚すると共に充実した日々を過ごせています。

現在どのような仕事を担当していますか?

2020年7月より事業企画の課長に昇進しました。これまでは、役職者とはいえプレイヤーとしての業務が主でしたが、今は部署の責任者としてマネジメント業務の割合が多くを占めるようになりました。
以前から取り組んでいた部門横断施策の推進に加え、データ抽出・集計・分析の業務が加わり、そのデータをもとに事業運営を改善する企画をメンバーとつくりあげています。他部署からの依頼を受けるだけではなく、数値分析を踏まえた企画を積極的に提案するようにしています。

マネジメントで心掛けていることは何ですか?

傾聴・共感・感謝の姿勢を徹底しています。
これまではプレイヤーとして、自身の成果を出すために努力を重ねてきましたが、現在マネジメントを行う立場になったことで、部下に活躍してもらい、チームとして成果を残すことがミッションになりました。部下の話を聞かずとも、一方的に指示を出せば、仕事を進めることができるかもしれません。しかしそれは、絶対に自分がされたくないマネジメントです。部下一人ひとりがこれまでにさまざまな環境で積んできた経験や知識のなかに未来に花咲くアイディアや学びがあることを信じているからこそ部下の言葉にしっかりと耳を傾け、日頃の考えや意識に共感し、会社や自分を支えてくれていることに感謝していきたいんです。
チームで成果を上げるためには、業務の質を上げたり、部下のスキル向上などの実務面を鍛える以前に、お互いがビジョンを共有し、信頼関係を構築できるようなマインドの部分が重要だと思います。

今チャレンジしていることは何ですか?

中期的には、新しい事業の柱をつくりたいと考えています。
主力商品であるパーフェクトワンの売上を引き続き伸ばしつつも、その他の商品・サービスの開発にも取り組んでいきたいです。
そして長期的には経営メンバーに参画し、社員一人ひとりに企業価値向上に寄与することの楽しさを伝えていきたいと思っています。企業価値を高めるためにはさまざまな手法がありますが、それを実動させるのは社員の皆さんです。
だからこそ、経営と現場の信頼関係の構築が重要で、当社はその経営層と現場の距離が比較的近いからこそ経営と社員をつなぐ役割を担いたいと思っています。社員一人ひとりが当事者意識を持ち、企業活動を活性化させる。ときに難しいミッションが降りかかってくることもあるかもしれませんが、もがきながらもやり抜くことで個人の成長や企業価値向上に寄与できたときの達成感は何にも代えがたいことを自ら経験してきたので、そのような環境づくりに貢献することが目標です。

新日本製薬らしさは、まだ先にある。

新日本製薬らしさは、これから創るものだと思っています。
当社は、同じ方向を向いていける団結力があり、社会貢献活動にも熱心。そして明るく、真っ直ぐな社員が多いので、本来なら「素直さ」と答えるべきかもしれません。
ですが、現在は次のステージに進もうとしている真っ最中ということもあり、まだまだ発展途上で、できることとやるべきことはたくさんあります。
なので新日本製薬らしさは、これからみんなで創りあげていくものだと思っています。

※2020年12月1日時点